学習塾に行けば大学に合格できるのか?

大学受験を目指す高校生の中には、学校の授業だけでは受験のための勉強として十分ではないと考えて、学校とは別に学習塾に通う人が数多くいる。しかし、本当に学校での授業だけでは不十分でなのか。

もし自分がものすごく勉強が好きで、学校の授業が簡単すぎて物足りないと感じるのであれば、学校とは別に学習塾に通うメリットはあるだろう。逆に、学校の授業にもついていけないような勉強ができない人がわざわざ追加で学習塾に通う必要はない。

学校の授業にもついていけない人は勉強ができない人である。その人たちが勉強できない理由としては、勉強する意思に欠けるからであろう。もし勉強する意思があるのならば、実際に勉強して成績が伸びる。成績が伸びないのは勉強しないからであり、勉強しないのは勉強しようとする意思がないからである。したがって、勉強ができない人が塾へ行っても、成績が伸びることは難しく、塾の授業料が無駄なものとなってしまう。

学習塾とは、学校とは別にさらに勉強したいと考える人が通うところであり、勉強することが嫌いな人が行くところではないのである。もし勉強ができないが、成績は伸ばしたいと考えるのであれば、まずは学校の授業内容を完璧に理解できるように勉強することが望ましい。塾で別の勉強をするよりは、学校の授業を理解できるようにして授業から学ぶ方が、時間的にも体力的にも費用的にも効率的である。

また、学習塾に通うことだけでは志望校に合格できるというわけではない。事実、学習塾に通っていても志望校に不合格になってしまう人は数多く存在し、逆にめでたく志望校に合格できる人の中でも学習塾には通っていない人も数多く存在する。

学習塾に通って志望校に合格する人は、受験生本人が合格できるように勉強するからこそ合格するのであり、学習塾に通っているから合格できるのではない。学習塾に通うことが志望校に合格できる直接的な理由ではないのだ。

したがって、学習塾に通うことは志望校に合格するための必要なものではない。合格するために必要なのは勉強することであり、塾は勉強のサプリメントでしかない。志望校に合格するためにやるべきことは勉強することなのであり、それしか方法はないのである。

Share This!



Popular Posts

Followers

About